いいな〜にはストーリーがある

「直感がもたらす毎日へ。」

(MINI CLUBMAN 広告)

日本経済新聞、3/4付朝刊にMINI CLUBMAN15段の広告が出ていた。

MINIは皆さんご存知の通り、現在はドイツBMWの傘下の企業である。

 

その広告は機能面を一切語っていない。

広告コピー

----------------------------

理想の人生を走る、大人へ。

 

 

趣味を愛する。

それ以上に、家族を愛する。

通勤時間を、プレミアムなひと時に。

ゴルフコースの外でも、

 

 

洗練された紳士でありたい。

----------------------------

エモーショナルな側面のみで表現している

 

 

ホームページを見ると

「直感」をキーワードに訴求している

http://cp.mini.jp/clubman/lifestyle

 

エモーショナルを全面に打ち出した構成でMINI CLUBMANを乗ることによって

ユーザーが得られるマインドを表現している。

 

そしてラゲッジスペースのバンパー下に足を入れるとドアが開いたり、

ナビゲーションシステムの操作性だったり機能面が訴求されている。

 

 

MINI CLUBMANの大人の男性

 それは、自分の理想に近づこうと歩んでいる大人

     趣味を持ちながら家族を優先する大人

     上質を好む大人

     振る舞いに余裕のある大人

        =

     プレミアムなイメージ

 

NEW MINI CLUBMANのイメージ作り。

 

 

ブランディングは送り手側の想いを受け手がどう感じるか、

分かりやすくイメージしてもらえるかが重要